ENTRY

技術開発本部
エンジニアリングセンター制御部
(環境/電力ビジネスユニット)

MASAYUKI KASAMATSU

電気電子システム工学 (入社12年目)

教わった知識と経験を、
今度は後輩に伝えたい。

CHAPTER 1先輩のサポートを受けながら、
若手でも重要な仕事に挑戦できる。

大学ではプラズマを利用した水処理技術を研究していたので、もともと環境・水処理分野には興味がありました。就職先にオルガノを志望した理由は、会社説明会に参加した際に20代の若手先輩社員から話を聞ける機会があり、仕事が充実している印象を受けたからです。やる気があれば若手でも重要な仕事を任せてもらえることや、自分で仕事をコントロールできることを知り、やりがいがあって面白そうだと感じました。実際に、入社して新人研修を受けた後、早期から一物件を任され、実践的な知識と技術に早い段階から触れることができました。その後、8年間にわたり半導体などの電子産業メーカー向けの水処理プラントに、さらに2年間にわたり医薬品メーカー向けの水処理プラントに、それぞれ携わりました。

CHAPTER 2プラントの計画から納入完了まで
電気計装を一手に担う。

現在は、公共の上下水道の処理場で使用されるプラントの新設や改修を手掛けています。業務は主に受注前と受注後に大きく分けられ、受注前は営業担当や機械計画担当と一緒に計画設計業務を行います。プラントの改修の場合は、古い設備の現場調査から携わり、電気計装に関する設計検討や提案を行います。受注後は、計画設計をベースに実際の納入に向けた詳細設計業務を行います。制御部の業務は、機械仕様に合った制御盤の設計・手配や、設備運転に必要な計測機器の選定・手配、電気計装工事の設計、工事期間中の管理業務、試運転助成など多岐にわたります。ときにはプログラミングも行うなど、プラント納入完了までの電気計装に関する一通りの業務に携わる仕事です。計画からプラント納入までは1年〜3年ほど掛かりますが、その間、機械・制御・工事・試運転など各部の担当者や施工する職人さんなど大勢の人がプロジェクトに関わります。オルガノはエンジニアリング会社ですので、すべての技術を自社で完結するわけではありません。設計業者や工事業者などのコミュニケーションは特に重要です。日々さまざまな調整が求められますので、すべての人が気持ち良く仕事ができるように、適切な情報を適切な場所に適切なタイミングで提供できるように心掛けています。

CHAPTER 3電子、製薬、上下水道。
多彩な分野で得たノウハウを後輩に伝えたい。

この仕事はプラント全体の計画から納入まで一貫して携わるため、竣工まで見届けることができ、設計通りに稼動したときの達成感は格別です。しかし何事もなく進むプロジェクトはありません。ときには、自身が経験したことがない壁に直面することもあります。その場合は、経験豊富な先輩社員が相談に乗ってくれますし、制御部の同僚がグループの垣根を越えて業務をフォローしてくれます。こうした組織の枠にとらわれない臨機応変なチームワークがオルガノの特長です。私は入社以来、電子産業メーカー向けの水処理プラント、医薬品メーカー向けの水処理プラント、そして上下水道の処理場のプラントと、多彩な分野を経験し、それぞれのグループの長所や課題を体感してきました。幅広い分野で得た経験とノウハウを活かし、今後は後輩を導く立場でも責任を果たしていきたいと考えています。後輩には「苦手で面倒くさいことこそ、時間を掛けて得意にしていこう」と呼びかけながら、自分がそうしてもらったように丁寧にサポートしていきたいです。オルガノの事業は専門性の高い分野ですが、各事業それぞれに特色があることが魅力です。今後は発電所向けのプラントも経験し、より高度で多様な知識と経験を積んでいきたいと思います。

  • ERIKO NISHIO
  • YUKIKO TORIYAMA
  • RYO TANAHASHI
  • MASAHISA SOTOKAWA
  • SATOSHI YOKOYAMA
  • SAE ISHIKAWA
  • MASATAKA HIDA
  • KAORU NAKAMURA
  • MASAYUKI ISHIKAWA
  • BU GOU
  • MASAYUKI KASAMATSU
  • KANTARO AZUMA
  • YOSHITAKA TODA
  • TAKUYA MIZUSHIMA
  • KYOHEI TSUTANO
  • NORIKO HISANO
  • YURIKA TEMMA
  • RYUJI TANO
  • ATSUKI KAGEYAMA
  • HIROTAKA NAKAYAMA