ENTRY

技術開発本部
エンジニアリングセンター技術部
(エレクトロニクスビジネスユニット)

SAE ISHIKAWA

物質化学工学科 (入社2年目)

化学工学の学びを、
プラントの設計に活かしています。

CHAPTER 1地球環境に不可欠な「水」をテーマに
仕事がしたいと考えていました。

私は、中学卒業後に高等専門学校の物質化学工学科へ進学しました。オルガノへの就職を志望した理由は、もともと地球環境をテーマにした仕事がしたいと考えていて、なかでも私たちの暮らしに不可欠な「水」に関わる仕事がしたいと思っていたからです。私が高専で学んだ専門分野は化学工学で、水処理に通じる化学反応の知識や、機械設計に必要な計算の基礎を学んでいたほか、先輩たちの中には化学工学出身の方が大勢いらっしゃると人事の方から伺い、オルガノの設計部門を志望しました。岩手で東日本大震災を経験し、東北に残って復興に貢献することも考えましたが、東京に出て高度な技術を身につけて地元に貢献したいと思いました。

CHAPTER 2現場での設計変更にも
臨機応変に対応できる力を鍛えています。

現在は、半導体メーカー向けの水処理設備の設計業務を担当しています。具体的な業務は、現場調査、外部の設計業者への指示、図面確認、現場説明、社内調整など多岐にわたります。最近ではお客様と直接打ち合わせをする機会も増え、決定した仕様を図面にしてお客様に説明したり、工事・試運転の担当者に指示を行うなど、現場での業務にも取り組んでいます。設計業務では、厳しい条件下でも広い視野を持ってアイデアを発揮できるスキルが求められます。ときには現場で工事を行っている際に設計変更が必要になる場合もありますので、さまざまなケースを経験して臨機応変に対応できる力を養っていきたいと思います。また、チームワークが重要となる場面が多い仕事でもあるので、周囲とのコミュニケーションを丁寧に行いながら連携していくことが求められます。今はまだ先輩たちのサポートを受けながらではありますが、早期から重要な作業を任せてもらえるので大きなやりがいを感じています。

CHAPTER 3ひとつの分野にとらわれずに、
幅広い分野に挑戦していきたい。

設計業務の一番の醍醐味は、自分が思い描いた設計とプランにもとづいて、自分がイニシアチブを取ってプロジェクトを進めていけることです。また高専で学んだ熱交換のエネルギー計算や、化学プロセス実験などの知識や経験が活きる場面も少なくありません。まだ入社して2年目ですが、上司や先輩のサポートに守られた状態から卒業して、まずは設計者として一人前になることを目指しています。そのためにも多種多様な業務を経験しながら、新しいことに積極的に挑戦していきたいと思います。オルガノには、若手社員にも海外勤務などに挑戦させてくれる風土がありますので、半導体以外にも電力や製薬など分野を問わずに挑戦していきたいです。また、多くの女性の先輩たちが育児と仕事を両立していますので、私も育児休職や育児時間の取得制度を活用しながら仕事を続けていきたいと思っています。

  • ERIKO NISHIO
  • YUKIKO TORIYAMA
  • RYO TANAHASHI
  • MASAHISA SOTOKAWA
  • SATOSHI YOKOYAMA
  • SAE ISHIKAWA
  • MASATAKA HIDA
  • KAORU NAKAMURA
  • MASAYUKI ISHIKAWA
  • BU GOU
  • MASAYUKI KASAMATSU
  • KANTARO AZUMA
  • YOSHITAKA TODA
  • TAKUYA MIZUSHIMA
  • KYOHEI TSUTANO
  • NORIKO HISANO
  • YURIKA TEMMA
  • RYUJI TANO
  • ATSUKI KAGEYAMA
  • HIROTAKA NAKAYAMA