ENTRY

機能商品本部 機能商品事業部
技術生産管理部

MASATAKA HIDA

応用化学専攻 (入社12年目)

社内のあらゆる立場で経験を積み、
ジェネラリストとして活躍したいです。

CHAPTER 1新商品開発からカスタマーサービスまで。
多岐にわたる経験が
自分の成長意欲を刺激します。

大学では水処理を学んでいました。オルガノは「水環境学会」でよく発表をするなど業界では有名な会社。当然、私も在学中から存在は知っていました。私が学んでいたのは排水の処理がメイン。オルガノが強みを持つのは「純水」なので異なる分野だとは知っていましたが、チャレンジしてみたいという思いからエントリーしました。私が就職活動をしていた頃は売り手市場だったということもあり、企業研究を兼ねて多くの会社に足を運びました。その中で、オルガノの人事の方の人あたりや印象が群を抜いて良かったため、それが入社の決め手になりました。入社後は機能商品事業部の配属となり、これまでに営業部内での技術サポートや製造工場付の技術として新商品開発やパート社員への技術指導、商品のコストダウンや安定供給につながる仕様変更を行うなど、さまざまな立場での仕事を経験してきました。これはひとつのことを掘り下げるより、いろいろなことを知りたいと考えていた私にとっては、願ってもないことでした。社内のさまざまな立場で働く人の視点を養い、現在のカスタマーサービスセンターに着任しました。

CHAPTER 210人いれば10通りある問い合わせに
適切な対応を。
「助かりました、ありがとう」が
何よりの喜び。

現在はカスタマーサービスセンターでエンドユーザーを含む社内外からの問い合わせに対応をしています。問い合わせ内容は「装置が動きません」といったトラブルや「こんな使い方はできますか?」という用途に関するご相談までさまざま。電話での問い合わせが多く電話口のやりとりのみで状況を正確に把握する必要があるため、製品に対する知識はもちろん、装置の原理原則を知っておくことが欠かせません。心がけているのは、相手の理解度に合わせて質問や説明の仕方を変えること。特にお客様に対してはなるべく専門用語を使うことなく「青いボタン」「うしろにあるちいさなつまみ」などカンタンな言葉を用いて伝えるようにしています。また、状況を単純化することも大切です。トラブルを原理原則に沿って紐解いていくことで、想定されるトラブルの原因をひとつひとつ、クリアにしていくことができるからです。仮説を立てながら電話の向こうで対応を試してもらい、原因を究明していきます。もちろん、私だけでは対処できない問い合わせもあるため、営業や技術の人間へ引き継ぐこともあります。そんなときも状況を正確に把握していれば、最適な対応をスピーディに行うことができるため、お客様はもちろん社内からも喜ばれます。「助かりました、ありがとう」。そう言っていただけることが何よりのやりがいです。

CHAPTER 3工程管理や購買などにも
チャレンジしてみたい。
目指すはボーダレスに活躍する
ジェネラリスト。

また、管轄する修理センターの担当としてメンバーのマネジメントにも携わっています。意識しているのは、自分から情報を取りに行くということ。人によって状況判断の基準が異なるからです。たとえば、ある状況に遭遇したときに緊急案件だと思う人もいれば、「これは後でもいいな」と思う人もいます。だからこそ、マネジメントする立場にある人がすべきなのは、的確な判断をするためにメンバーから正確な状況を共有してもらうこと。時には、私が不要だと思う情報共有がなされる場合もありますが、否定するとその後報告しづらくなってしまうため「共有しなくていいよ」という言葉は自分のなかで禁句にしています。コミュニケーションを密にとりながら状況判断の基準を身につけていってもらえればと思います。人間関係の良さがオルガノのいいところです。人が良すぎるのではないかと思うほどです。また、フレックスタイム制で自分でタイムマネジメントができること、休みもきっちりとれるのも魅力のひとつです。子どもと遊んだり料理をしたりしながらリフレッシュし、また新鮮な気持ちで仕事に取り組むことができます。これまで様々な業務を経験してきたように、今後も製造の工程管理や購買など様々な業務に携わってみたいです。将来的には国内外のどんなことでも対応できるようなジェネラリストとして活躍したいですね。

  • ERIKO NISHIO
  • YUKIKO TORIYAMA
  • RYO TANAHASHI
  • MASAHISA SOTOKAWA
  • SATOSHI YOKOYAMA
  • SAE ISHIKAWA
  • MASATAKA HIDA
  • KAORU NAKAMURA
  • MASAYUKI ISHIKAWA
  • BU GOU
  • MASAYUKI KASAMATSU
  • KANTARO AZUMA
  • YOSHITAKA TODA
  • TAKUYA MIZUSHIMA
  • KYOHEI TSUTANO
  • NORIKO HISANO
  • YURIKA TEMMA
  • RYUJI TANO
  • ATSUKI KAGEYAMA
  • HIROTAKA NAKAYAMA