企業・IR・CSRトップメッセージ

オルガノは、水の価値の創造を通して、
豊かで持続可能な社会の実現に貢献します。

代表取締役社長 内倉 昌樹

代表取締役社長
内倉 昌樹

オルガノは、1946年の創業以来、水処理技術の最先端を切り拓いてきました。

生活や産業のさまざまな場面、需要に応じて最適な水をつくり、利用した水は浄化してリサイクルし、あるいは汚濁負荷を軽減して自然に還す-このような水に関わる基幹事業を通して社会に貢献してきました。

地球環境は、人類はもとより生物全体が生存する基盤であり、私たちはその恩恵を受けながら暮らしています。私たちが豊かで持続可能な社会を実現するためには、地球環境と経済発展の両立と調和という大きな課題に継続して取り組んでいくことが何よりも重要です。

しかし今日、新興国を中心とした急速な経済成長と人口の増加は、消費水量の膨脹をもたらし、世界規模での飲料水の不足、環境汚染や地球温暖化など、水と環境に関わる様々な問題が顕在化し、その解決が喫緊の課題となっています。また、個々の企業にとっても、成長と利益の拡大を追求するだけでなく、産業と社会の価値創造と課題解決に貢献する製品・サービスの提供が求められています。

私たちオルガノは、分離精製・分析・製造の差別化技術を活かし、水の価値と機能を高めるシステムを最適化し、純水製造や排水処理、水のリサイクル、排水中からの有用成分の回収など、産業や日々の暮らしを支える役割を担ってまいります。

また、これまで主に国内で培ってきた技術やサービスを、海外においても各国の状況に応じた適切な形で提供し、水、資源、エネルギーの有効利用を促し、持続可能な経済成長に貢献していくことも大きな使命であると考えています。

オルガノは、水で培った先端技術を駆使し、水や環境に関わる様々な課題に取り組み、未来をつくる産業と社会基盤の発展に貢献する、皆さまのパートナー企業としてあり続けます。

今後とも一層のご支援を賜りますよう、お願い申し上げます。

内倉 昌樹